前へ
次へ

不動産購入の注意点を知っておこう

家や土地などの不動産購入を考えている場合は、注意点も知っておきましょう。不動産は価値の高い財産になり

more

勉強すればすぐ実践できる不動産購入

難しいといったイメージを持つ人もいるかもしれないですが、不動産購入に関しては勉強すれば、すぐ実践する

more

不動産購入と賃貸物件の損得を考えてみる

不動産購入してから住むことになりますが、それだけでなく、不動産購入は賃貸として知人や第三者へと貸し出

more

不動産購入は年齢も重視して検討する

不動産購入をすることは、一括で購入するには金額的にかなりまとまった金額が必要になります。そのため、多くはローンという形で月々支払いをすることになるでしょう。このローンの支払いの年数が不動産購入の場合にはかなり長い期間となるため、年齢的にどの年齢が不動産購入時期として適正かどうかという点を考えることが大切です。20代など若い年齢の段階で不動産購入を検討するには、収入面が厳しいと感じるケースも少なくありません。きちんと働いていれば生活を成り立てることは可能ですが、住宅など不動産購入をするには貯蓄的な面や収入などを考慮すると悩みどころです。30代の場合には、仕事が順調ならそれなりに昇進もして収入が安定的に入る時期です。この時期なら、不動産購入として土地を購入する、住宅を購入するとしてもそれなりに収入がある状態で生活の基盤も比較的しっかりとしていると考えられるためおすすめの年齢だといえます。ローンを組んだ場合でも、定年で退職をする時期にローンの支払いが終わるかもしくはローンが残っていたとしてもあと少し頑張れば払える程度です。貯蓄を使って支払うか、退職金で払うなどの方法もあるため、ローンの支払いが終わってしまえばその後の生活も予定が立てやすいという点も挙げられます。40代の場合には、収入面は問題ないですがローンの支払いが状況によっては老後生活にまともに影響してくる可能性が高まります。定年後は基本的に年金と貯蓄を切り崩して生活をすると考えると、その段階でローンの支払いがかなり残っているのでは生活をしていても少し気分的にも落ち着かないものです。このようなことから、不動産購入を検討する場合には、年齢的な面からも考慮して30代前後を目安に検討してみるといいでしょう。ただし、人によって仕事の収入の違いや生活状況などの違いもあるため、あくまで目安としておき自分が不動産購入してもいい時期を検討してみましょう。

Page Top