前へ
次へ

不動産購入とお金は並行して考える

不動産購入として土地を購入してからは、投資目的に使うだけでなく、マイホームを建てることが一般的です。不動産購入で土地代のみ支払ったのなら、次に必要になるのは建物代です。不動産購入の際に、建物付きで購入するにしても概ね3000万円から5000万円という費用がかかります。それだけでなく、諸費用には300万円ほどかかります。また、土地となる不動産購入してから注文住宅を建てるケースも増えていますが、リノベーションでも同じなのですが、建てている途中でプランを変更することになれば追加費用が発生しますから注意しましょう。さらに、不動産購入は現金一括でしょうか。なかなか一括というのは、生活を圧迫してしまうために実行されないものですが、少しでもローンの負担を軽減するために頭金を用意することが一法になります。総費用の20%ほどは用意しておきましょう。ちなみに、不動産購入と金融機関とは切っても切り離せない組み合わせになります。頭金を用意しても、融資の際には手数料も発生、さらに仲介手数料もあるために融資額が増えがちです。家具、家電などを揃えるならそうした費用も金融機関から借りるはずですから、購入する際には金融機関への相談は必須です。

Page Top