前へ
次へ

不動産購入と賃貸物件の損得を考えてみる

不動産購入してから住むことになりますが、それだけでなく、不動産購入は賃貸として知人や第三者へと貸し出すことができます。ですから、不動産購入は賃貸物件とした利用もできてしまいます。そうなってくると、家を資産として残すことができない賃貸物件はデメリットでしかないのでしょうか。もちろん、そうとは言い切れないでしょう。例えば、不動産購入してすぐに世帯主が他界するなど、万が一の想定を考えてみましょう。もちろん、賃貸物件なら、今後の住まいの心配も不要になるでしょう。一人住まいと違い、間取りの小さな部屋へと移るだけです。しかし、不動産購入となるなら住宅ローンの支払いもあります。もちろん、団信ならば万が一に支払いは免れます。しかし、そうした保証なしならば、不動産購入を後悔するかもしれません。賃貸なら支払える家賃の住まい探しをするだけで済みます。不動産購入は、ライフステージに合わせて考え方も変わってくるでしょう。何度か引っ越しを重ねるとマイホームに対する憧れも薄くなるともいいますから、賃貸でも購入でも損得感情では図れないかもしれません。

Page Top